close

<採用・求人>ネイルケアサロン「ロングルアージュ

RECRUITMENT 2022

結婚して子育てしながらでも輝ける、働くママの目標になりたい

5年前に出産したのですが、私以前は、結婚か出産を機に退職される人がほとんどでした。 なので将来もし結婚する時が来たらずっとは働けないかもと、うっすら思ってはいたんです。その後結婚をしても仕事は続けていましたが、妊娠が分かった時は私も覚悟を決めて退職の考えを社長に伝えました。
社長は、「子供ができたらといってこれまでのキャリアを捨ててしまうのはもったいない。結婚しても子育てしながらでも今まで以上に輝ける。そんな会社に私はしたいの。産休を十分とって、もし良かったらまた帰ってきて!」と、産休後の復職を勧めてくれたんです。

子育てしながら働ける仕事は、簡単な事務職パートのような時間的制約や責任がない代わりに、それまでのキャリアをリセットした仕事を選択せざるを得ない現状でした。おそらく美容業界もこれまでは結婚後は働きづらい環境だったのかもしれません。でも社長がこう言ってくれたからには、「よし、私が結婚して子育てしながらでも輝ける、働くママの先例になってやろう!」と決めました。
ただはじめての子育てということもあり、本当に仕事と子育てが両立できるのか正直不安でした。「子育て」というのは、子供にとって安心できる環境が作れるかどうかだと思うんですよね。毎日夜泣きもするし、熱で呼び出されたらすぐ迎えに行ってあげたい。母親が仕事のせいでクタクタになって、子供を不安にさせるような家庭にはしたくなかったんです。

今までちゃんとした復職後のマニュアルがなかったので社長と都度相談しながら、出産復帰後の働き方を作っていきました。まず無理せず週3で働いてみて様子を見ながら、次は週4で、少しずつ元のペースに戻していく。 また早期退社のタイミングや、子供の体調による急な休みの際の仕事の引き続きなど、子育て復職する私のサポートもありますが、仕事の支障をきたさない、他のスタッフの負担にならない円滑な方法を皆で考えていきました。 負けず嫌いで無理してしまうタイプなので、自分中心に決めてしまうと後に続く子育て復帰するスタッフが苦労してしまいます。それではマニュアルを作る意味がありませんので、そこはいろいろ調べたり、他のママの意見を参考にしました。

自分が言うのもなんですが、お陰さまで今では“子育てママが働きやすい職場”と自信を持って言うことができます。保育園のママ友にも「仕事もバリバリして、綺麗におしゃれして、うらやましい」なんて言われています(笑) 子育てしにくい時代と言われていますが、どこまでやれるかなというのがチャレンジというか今のモチベーションですね。子供も成長して環境も変わっていきます。なのでどこまで続けられるのかは正直わかりません。 でも今は子供が何歳になるまでとか、そういうのは決めずにやれるとこまでやってみよう。無理なときはそのときに考えよう。単純にそれだけですね。今はいい具合に力が抜けて仕事を楽しめています。

私たちの成長物語


ロングルアージュに求められるのはただのプロではなく一流のマニキュアリストであること。だからこそロングルアージュで培った技術、経験は一生の財産になる、生涯の誇りになる。一流のマニキュアリストへの道は長く険しいけれど、みんなスタートは一緒でした。現役で活躍している先輩は、どんな苦労や経験をして未来をつかんできたのでしょうか?6人の先輩に聞いた“マニキュアリスト”成長物語。