close

<採用・求人>ネイルケアサロン「ロングルアージュ

RECRUITMENT 2021

未経験者の同期に追い抜かれ、落ち込んだ入社1年目

私が入社した年は同期が8人いたのですが、3人が美容学校、その他は専門学校以外の大学出身など比較的未経験の人が多く、私は専門学校でネイルを勉強していたので、最初は未経験の人を比べて多少心に余裕というか自信がありました。

技術の正確さとか丁寧さとか、確かに最初は私のほうがうまくできたのですが、やはり学校で勉強したネイルの基礎とロングルアージュで学ぶ高度なネイルケアでは知識も技術も分からないことだらけ。実際は同期のみんなと同じで付いていくだけで精一杯なのが本音でした。

入社して3ヶ月ぐらい経つと次第に未経験の同期の人にも徐々に追いつかれてしまって、同期の中でもおそらく私が一番習得が遅かったんです。当時は「経験者は出来て当然」と思われていた立場だったので、悔しさもあり、恥ずかしさもあり、この時が精神的に一番辛い時期でした。何度も自分には向いてないんじゃないか?と悩みました。正直、辞めようかと思ったことも何度かありました。

後々になって未経験で入った同期と当時のことで話題になったことがあって、彼女たちもまた、私のような専門学校卒の経験者に対して劣等感があって毎日とても不安だったそうです。だからこそ彼女たちは分からないことはすぐ質問して一つ一つ真剣に学んでいました。今は何でも協力し会える仲なので笑い話になっていますが、当時は同期に対してやっぱりライバル意識があったと思うんです。私の場合はその意識が強く結果一人で悩むことになりました。
これから先、私にも後輩が増えてくると思いますが、1年目の私の経験は誰しもが感じることなんじゃないかと思うんです。経験者、未経験者関係なく期待と不安は誰もが同じです。ライバル意識も大切ですが、仲間とコミュニケーションを深めることはもっと大切。私のように不安を一人で抱え込まないよう、先輩後輩関係なく気楽な話し相手になってあげたいと思っています。

山崎さんのターニングポイント